男性

誰の部屋でも起こり得る恐怖|盗聴器を発見するコツ

虫眼鏡を持つ人

ストーカー被害に遭わない

一生懸命に隠しているつもりなのに、なぜかしらストーカーや別れた夫に自分の立ち回り先がバレていると感じている人は、盗聴器の設置を疑ってみた方がよいです。素人が自分で盗聴器を発見するのは簡単なことではありませんが、盗聴調査の専門業者を利用するという方法があります。

メンズ

自宅で安心して寛ぐために

テレビの電波が乱れやすくなる、電話中に雑音が混ざるなど、盗聴器を仕掛けられているサインはたくさんあります。普段と違う異変に気づいたら、早めに盗聴器調査を依頼してプライバシーを守りましょう。危機管理会社に調査を依頼すれば、ほぼ確実に盗聴器を見つけて貰えます。発見率の高さこそプロに頼むメリットです。

GPS

送り迎えが出来ない場合は

子供が学校の行き帰りが心配という場合は、gps発信機を持たせておくことでスマートフォンやパソコンなどを使って、どこにいるのかを把握する事が出来ます。もちろん普段から子供に安全に対する意識を持たせることも大切ですし、学校によっては持ち込めない場合も有りますので事前に確認するようにしましょう。

生活空間を守るために

男性

自分自身で確かめる

盗聴器は電器店や通信販売などで誰でも簡単に購入することができます。そして、個人情報を盗むためやただの好奇心、危害を加えるためなど様々な目的で使用されます。そこで、本来プライベートであるはずの生活空間を守るために、盗聴器がないかどうかを調べる機器があります。つまり、盗聴器の発見機器です。発見には、FMラジオによる方法と盗聴器発見機やレシーバーによる方法があります。これらの方法はどちらも自分自身で購入が可能であるという点において人気があります。また、どちらの方法も比較的簡単に実行することができます。そのため、専門の業者に頼らず、自分自身で実行できるという点でも魅力があるといえます。また、現在はスマートフォンのアプリに盗聴機能をつけているものがあるため、ダウンロードした覚えがないアプリがある場合は注意が必要です。

特徴が異なります

盗聴器を発見するための機器にはFMラジオと盗聴器発見機やレシーバーがあります。また、これらはそれぞれ異なった特徴があります。FMラジオはFMラジオの周波数帯を用いた盗聴器に対して有効です。まず、ラジオを受信できる状態にし、周波数選曲ダイアルを低いところから徐々に高いところへと変えて行って、盗聴器を探します。盗聴器発見機やレシーバーは、操作がとても簡単であるという特徴があります。ボタン一つで調べられるものもあり、操作が苦手な方でも扱いやすくなっています。また、小型化されているため、持ち運びに便利になっています。以上のように、それぞれ異なった特徴があるため、自分自身に合っている方法で生活空間を守ることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加